2011年11月

2011年11月19日

DKとLDKの違い

物件の間取りを見ていると、「2DK」「2LDK」などの表記があります。
この「DK」と「LDK」の違いがどこにあるかわかっている方は
意外に少ないのではないでしょうか。

ちなみに「L」はリビング(居間)、「D」はダイニング(食堂)、
「K」はキッチン(台所)の略です。
ということで、「DK」はダイニングとキッチン(食堂兼台所)、
「LDK」はリビングダイニングとキッチン(居間兼食堂と台所)
ということになります。

例えば、2DKと2LDKの違いを言葉で表すと、
「キッチンやトイレ、風呂などの水回りがあって、部屋が2つ、
もう1つある部分がDか、LDかの違い」です。

さて、先に結論からお話しすると、
このDKとLDKの違いは明確には規定がありません

ただ漠然と「広いとLDK、狭いとDK」という感じで、
その広さは何岼幣紊世LDKという決まりはないのです

とは言え、何となく業界的に8畳以上だとLDKと表記しているという感じです。

確かに、「6畳でLDKはないよな」「8畳のLDKだと狭いけど許せるか」
というイメージはわかると思います。

したがって、普通にイメージするLDKだと思って実際の部屋を見てみたら、
「狭いなぁ」と思うことも良くあることなのです。
逆に、DKの表示があって、7.5畳だったら広く感じてしまうこともあります。

これから部屋を探す方は、「DK」「LDK」という表記だけではなく、
その広さを必ず確認し、できれば実際の部屋を見て決めてほしい
ものです。

中には、「DK」表示ながら、9畳あることもあるからです。

表記よりもその中身が重要です。



追記。

奇しくもこのブログを書いた(2011年11月19日投稿)すぐ後(2011年11月28日付)に
「公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会」から「DK(ダイニング・キッチン)及び
LDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準」という
基準が発表され、一定の基準が設けられたようです。

タイミングの妙に驚きましたが、今後は各不動産会社もこの基準に従っていくことに
なると思いますが、こうした基準ができたこと自体が、現場の末端まで認知されるまで
まだまだ時間がかかるので、こうした基準ができてもしばらくはきちんと間取りを
確認しておきたいところです。

上記の基準はこちら
↓↓↓
DK(ダイニング・キッチン)及びLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準

一応、基準として示されたものを書いておきます。

<居室が1つの場合>
1DK  ⇒ 4.5畳以上8畳未満は「DK」表示
1LDK ⇒ 8畳以上で「LDK」表示


<居室が2つ以上の場合>
2DK  ⇒ 6畳以上10畳未満は「DK」表示
2LDK ⇒ 10畳以上は「LDK」表示
※3DK、3LDK〜も同様

※1畳=1.62岼幣紂丙把1.62屬塙佑┐討ださい。)



基準には示されていませんが、居室が1つの場合で、「DK」にあたる部分が4.5畳未満は「K」(つまり“1K”)表示になるということだと思います。
同様に居室が2つ以上の場合も、「DK」にあたる部分が6畳未満だと「K」(つまり“2K”)表示になると思います。

基準とは言え、あくまで“目安”なので、今後も物件情報ではあいまいなものもありますから、やはり自分の目で実際の部屋を見てください。



r_e_father at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 〇不動産用語の解説 |  ▼建物

2011年11月16日

かしこい引越業者の選び方 〜早めの予約で楽でお安く

これまで引っ越しを経験したことのある方はわかると思いますが、
引っ越しといっても、引っ越し業者によっても料金はバラバラ、
同じ引っ越し業者でも、時期、平日と休日などの違いで金額はバラバラ
です。

もちろん、サービスによっても料金はかなり変わってきます。

有名なクロネコヤマトの“らくらくパック”などは自分の手間が楽な分
料金は高めですね。

私も2年間に3回も引っ越しをした経験がありますが、
前回利用した引っ越し業者さんでお願いしようと思っても
私の引越希望日では前回と比べてかなり料金が高くて別の業者さん
にしたことがあります。


面倒でも5社ぐらいは相見積もりを取る

相見積もりとは、同業他社から同じ条件で見積もりを取りることです
そして、見積もりを比較して最も条件のよいところを決めます。

引っ越しの際の見積もりは、引っ越し業者の営業マンが実際に家に来て、
荷物の量や種類を確認しに来ます。
基本的には、その場で見積もりを出していきます。

このとき、「今決めてくれたら、この金額だけれど、後になるとわからない
とほぼ必ず言ってきます。

私の場合は、短期間のうちに何回も引っ越しをしたので、コツがわかり
同じ日にすべての引っ越し業者の営業さんを呼んで、最後の営業マンが
帰ったら回答するようにしました


受け答えとしては、正直に「今日何社か見積もりをお願いしているので、
今日の夜まで待ってほしい、必ず今日回答するから。」と言っていました。

それでも、「今でないとダメ」という営業マンもいましたが、
その場合は、料金が安くても断っていました


対応が悪いからです。

営業マンは会社の代表ですから、その営業マンの対応が悪いということは
実際の引っ越しでの対応も似たようなものでしょう

あとで困るより、営業マンの対応が悪ければ、そこはやめるようにしていました。

また、見積もりは金額ばかりではなく、内容も見て総合判断で決める方が
いいようです。
例えば、引っ越し代は最安値だけれど、エアコンの取り付け費用が高い、
荷物の総量が決まっていて、それを超えたら割高な追加料金がかかるなど
という他の点にもチェックが必要だからです。

こうして見積もりを何社も取る方がいいのですが、10社というのは
自分も面倒で対応できません。逆に、2,3社だと少ないため、1社対応が
悪いと残りで決めなくてはならなくなります。

そこで、私の経験から5社ぐらいが妥当だと思っています。

さて、次に肝心の引っ越し費用の決まり方ですが、
(右側が高い)

閑散期 < 繁忙期
距離が近い < 距離が遠い
荷物が少ない < 荷物が多い
作業員の数が少ない < 多い
自分で荷造りをする < しない


ここまでは、当たり前です。
次のポイントが同じ時期の中でも引っ越し費用を安くするコツになります。

小さい引っ越し業者 < 大手引っ越し業者
予定日(希望日)まで時間がある < 時間がない
引っ越し日の希望日にいくつか候補日がある < 候補日がない
平日 < 土日祝日
早朝または夜間 < 昼間
細かく指定する < おまかせ


これらの安くなる条件をうまく活用するには、自分の予定にも
余裕を持っておかなければなりません
ので、早めに引っ越しも
手配する
というのがポイントになるのです。

引っ越し業者さんを決めるのが遅くなると、どうしても予定などが
組みにくくなって引っ越し費用が高くなってしまいます。

引っ越し費用もばかになりませんから、是非、節約したいところです。

そのためにも新居の入居日が決まったらすぐに引っ越しの準備、
特に引っ越し業者さんの手配をする
ようにしましょう。




r_e_father at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 〇住宅が決まって入居の前後に |  ▼引越し

2011年11月07日

急な“立ち退き”を言われたら

急な“立ち退き”を言われたらどうすればいいのでしょう。

普段から少し怖いと思っている不動産会社の人から、急に
「6ヵ月以内に出て行ってほしいんだけど」と言われたら、
「えっ。そんな」と思いつつも、「出て行かなきゃいけないんだ」
と思っていませんか。

理不尽だと思いつつも、言われた通り前の家を出て、
新しいところを探すのが大変だったという話を良く耳にします。

私の身内でもこうした立ち退きを要請されたことはありましたから、
珍しい話ではないのですが、
そういう話をしている皆さん共通しているのが、
立ち退きを言われて次の物件を急いで探さなくてはいけなくて、
大変だったし、お金もかかって赤字だったと言うのです。

契約の種類によるのですが、仮に「普通賃貸借契約」であれば、
相手の都合で立ち退きを言われても、基本的に立ち退く必要はありません


そのことを知らない方も多く、そういった話を持ち出してくる不動産会社も
相手(入居者)がそういったことを知らない前提で話をしてくるのです。

契約の種類のところでお話しましたが、「普通賃貸借契約」は非常に借り手側が
強い契約で、契約を解除するためには、
・借り手側の申し出
・借り手側に契約違反や信義則違反があるとき
以外、つまり貸し手の都合の場合は「正当事由」が必要とされています。

例えば、「建物を建て替えるから出ていってほしい」というのは
これだけでは「正当事由」に当たりません。

これに加えて「その建物は入居者が生活できないほど老朽化している」
などの事由のほか、財産上の給付(立ち退き料、明け渡し料など支払い)
が整わなければ、「正当事由」とはならないのです。

したがって、余程のことがない限り、出ていく必要はないのです。

そこで、一般的には立ち退きにあたって、立ち退き料などの支払いを
して、お金で解決するという手段がとられています


私の身内の立ち退きのときも、この立ち退き料の交渉で調整して
一定の金額をもらうことで決着しました。

この立ち退き料や明け渡し料と言われるものには、市場や相場という
ものがありません。
その辺がやっかいなのですが、結構な金額まで要求しても認められた
判例がたくさんあります。

納得のいく金額の提示がなければ、立ち退かなくてもいいでしょうし、
ある程度の金額で手を打ってもいいでしょう。

もし、普通賃貸借契約であるにもかかわらず、急な立ち退きを言われたら、
基本的に立ち退く必要はないということを覚えておいてください


私個人的には、余程その賃貸住宅を気に入っているなら別ですが、
そうでなければ、ある程度納得のいく給付を受けた方が得策だと
思っています。

ただし、契約の種類が「定期借家契約」になっていると話は別です。

基本的に契約の更新がないという前提の契約ので、更新をしない旨の
書面による通知があれば、契約満了とともに立ち退かなければなりません。

繰り返しになってしまいますが、ここは契約の形態が重要なポイントに
なることにご注意を。


r_e_father at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 〇入居中に困ったら |  ▼その他