2012年03月

2012年03月13日

賃貸市場の動向のお話

先日は東日本大震災から1年という節目の日で、発生時刻には
黙とうをした方も多いのではないでしょうか。

あらためて亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに
被災された方には1日も早い復興をお祈り申し上げます。


さて、毎年1月の後半ぐらいから3月終わりまでは、賃貸入居希望者も多く、
賃貸業界は活況の時期なのですが、今年はちょっと様子が違うようです

知人の賃貸を専門とする不動産会社の人に聞いたのですが、
今年も(?)景気が悪いこともあって、全体的に動き(応募)が少ない
聞きました。

こうなると少ない賃貸入居希望者をめぐって、業者間、物件間で取り合い
になります。

この状況は、貸す側にとってはつらい現実ですが、借りる側にとっては
有利な状況です。

まさに“交渉”ができる「借り手市場」です。

さすがにあまり無理のある交渉は通らないかもしれませんが、
〇家賃を少し下げてもらう
〇礼金を割り引いてもらう
〇入居日をずらしてもらう

といった交渉はできるのではないでしょうか。

これからある大学の合格発表や駆け込み就職など後半戦の賃貸需要は
ありますが、限定的です。

これから賃貸を探される方は、しっかりと希望を伝えていきましょう


余談ですが、入居希望者が少ない話の裏側の話ですが、
退去する人の退去理由も、以前は家賃の安い別の物件に借り換える
というものも割と多かったのですが、昨今は「実家に戻る」という
理由が多いそうです。

それが賃貸入居希望者が少ない原因の一つだと思うと納得でした。








r_e_father at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 〇その他 |  ▼市場動向の話