2014年07月

2014年07月15日

シェアハウスの実態調査があるんです。


今日は国土交通省から7月8日に発表された「シェアハウス等における契約実態等に関する調査」についてご紹介します。

“意外”かもしれませんが、国土交通省ではこういった調査も定期的に行っています。


以前に比べると、耳にすることが多くなってきたのが「シェアハウス」

テレビ番組でもその生活の一面を紹介するなどから認知されてきたということもあるかもしれませんが、「実際どうなの?」と思いませんか?

ということで、「入居している人はどんな人なのか」、「その費用はどのくらいなのか」など前回(平成23年)と比べて最近(平成25年)はどう変わったのかが分かるので興味深い調査ではあります。


詳しい内容は、下にリンクを貼っておきますので、そちらをご覧いただくとして、抜粋して内容をご紹介します。
(抜粋の抜粋です。)


1)入居者の性別

平成23年に比べて、平成25年調査では“女性”(平成23年44.7%⇒平成25年52.1%)の入居が多い。

調査の母数が小さいので、すべてに該当するとは言えませんが、女性の利用が増えてきているようです。
実際、女性限定のシェアハウスが増えてきているので、その影響か、逆に女性が増えてきたからシェアハウスも増えてきたのか、わかりませんが、その傾向はわかる気がします。


2)年齢層が上がっている

平成23年に比べて、平成25年調査では“30代以上の入居者の割合が増えた”
(平成23年では20歳〜30歳が66.8%⇒平成25年では37.0%)


年齢層が上がった原因は出ていませんが、収入の問題が関係しているような気がします。
下の入居した理由を見ると、「通勤などに便利なところに、手軽に安く入居できるから」という傾向があり、家賃が安いことが魅力でもあるので、その辺から収入との関係が推察されます。


3)入居者の約半分が“正社員”

平成25年調査では、47.0%が正社員。

入居者は、学生やアルバイトの方というイメージがあるのですが、社会人の入居が多いという結果でした。


4)家賃は4万円未満が主流?

平成25年調査では、“家賃4万円未満”が48.2%となり、次いで“5万円〜6万円”17.5%、と金額が上がるにつれて割合が減っていきます。

ただ、この金額には地域が考慮されていないので、東京だけならもう少し高い家賃がピークになると思われます。


5)入居の動機トップは“家賃が安いから”

平成25年調査では、動機のトップは“家賃が安いから”(64.3%)、2位“立地がいいから”(62.8%)、3位“初期費用が安いから”(41.1%)、4位“勤務地に近いから”(33.3%)、5位“即入居可能だから”(26.6%)となり、「便利なところに手軽に安く入居できるから」と集約できます。

ちなみに、シェアハウスのある意味醍醐味である“他の入居者とコミュニケーションが取れるから”は24.4%で第6位でした。この動機は、平成23年調査では8位20.1%でしたので、少しこうしたコミュニケーションを求めて入居する方の割合が増えたとも言えます。


それでも全体的は合理的に考えて入居しているという傾向がありますね。



こうした調査結果を見る機会は、そんなにないのではないかと思い、今回はご紹介しました。



もう少し詳しく内容を見たい方は下をクリックしてください。
↓↓↓
国土交通省「シェアハウス等における契約実態等に関する調査」

r_e_father at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 〇その他 |  ▼調査など

2014年07月14日

熱中症対策で、少し窓を開けておきたいときに

前回の話題で防犯の話を少し書きましたが、今回もそれに絡めての話題です。


まだ梅雨明けしていませんが、これから夏に向かい、暑い日が続くことでしょう。

そうなると気になるのは“熱中症”です。


熱中症の発症は、意外と「室内」でも発生しているという統計があります。
(以下、独立行政法人国立環境研究所(2013年度報告書 都市・県における熱中症発生状況)より)

熱中症発症地




この室内で発生している原因は、夜、寝る前にエアコンを付けて寝たあと、エアコンが切れて室内の温度と湿度が上昇し、熱中症になってしまうということがあるようです。

その予防策として、エアコンを24時間(昼間も室内の温度が変わらないようにする必要があるらしいので)付けっぱなしにしておくという方法がよいと、あるテレビ番組で言っていました。

しかし、今年の夏も電力不足が予想され、そうでなくても電気代が高騰している昨今、エアコンを付けっぱなしにしておくこと自体、家計費を圧迫し、地球にも優しくなりません


そうなると、夜は極力、エアコンを付けずに扇風機なども利用して凌ぐしかないのですが、窓を閉めたままというのは余計“熱中症”になってしまいそうです。


そこで、やはり「窓を少し開けておく」ということになります。


ここでようやく「防犯」の話になりますが、少しでも窓を開けておくと、鍵は締まりません。


何かいい戸締り商品はないかと思っていたところ、あるマンションの大規模修繕の際に、防犯用として配られたものが下記のような商品でした。
(下記のものとはメーカーや商品そのものは違いますが、機能は同じもの)




窓の「水返し」部分に差し込んでツマミを回すと金具が広がり、扉をロックする補助錠です。

このタイプはサッシや窓枠に穴をあけたり、強力な両面テープを使用するタイプではないので、賃貸住宅や窓枠を傷つけたくない場合などにおすすめのものです。


分譲マンションでも窓枠部分は、共用部分にあたり、勝手に穴をあけたりしてはいけないため、賃貸物件やマンションではこうした“傷を付けないタイプ”の補助錠が有効です。

窓は開けて就寝したいけど、防犯面で気になる方はちょっといいかもしれません。


ちなみに、私も使っています。


r_e_father at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 〇賃貸住宅の“住まい方”編 |  ▼防犯対策