部屋を決める前に必ずチェック! 〜物件の確認募集から入居まではどうすればいいのか?

2011年04月20日

募集から入居まではどうすればいいのか?

今回は基本的なお話をします。

「賃貸住宅に入居するまでの流れ」

についてです。

不動産のことは、学校はもちろん、誰も教えてくれませんから、
初めて賃貸住宅を探している方は

「まず何をすればいいのか」
「次に何をすればいいのか」

とわからないまま、不動産会社のいいなりになっている
のではないでしょうか。


そのため、落ち着いて物件を決めることができず、不本意な
物件で契約してしまったということが多々あるのです。

そこで、賃貸住宅の入居までを今回と次回の2回に分けて
お話します。

では、早速、入居までの流れを図でご紹介します。

<賃貸募集から入居までの流れ>
chintai_nyuukyo_fro



<説明>

1 賃貸募集

新築物件では「完成直前」、既存物件では「退去者が出る」と
まず、家主(オーナー)と不動産会社とで募集の条件を相談して
決定
します。

募集条件が決定すると、その条件に沿って「募集広告」が
インターネットや不動産会社のネットワークによって告知され、
皆さんの目に触れる情報となります。


2 問合せ・内覧(案内)

インターネットや不動産会社の店頭などで物件の情報が公開され、
その中に興味がある物件があれば、

.瓠璽襪篥渡辰婆笋す腓擦鬚垢
△修両霾鵑鯣信している不動産会社へ行く


といった行動に繋がります。

場合によっては、自分が住みたいと思っている地域の不動産会社へ
直接行くこともあるでしょう。

もし、インターネットや店頭に出ていた物件がすでに決まって
しまっていたとしても、募集情報として出ている物件の中から、
皆さんが希望する条件に合う別の物件を不動産会社が紹介して
くれることでしょう。

そして、「この物件を見てみたい」となれば、「物件案内」
お願いして、実際の物件を見ることになります。

そのうえで、その物件が気に入れば、「条件確認」や「条件交渉」
という運びになります。

この説明の続きは次回へ

r_e_father at 10:00人気ブログランキングへコメント(0)トラックバック(0) 〇賃貸住宅を探すとき |  ▼誰も教えてくれない基本の話

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
部屋を決める前に必ずチェック! 〜物件の確認募集から入居まではどうすればいいのか?