“訳あり”物件ってどんなもの?「更新料」は払わないといけないのか

2011年04月26日

入居中に家賃の交渉ってできるのか

少し前に「入居する前」の“家賃交渉”の話を書きましたが、
今回は「入居中」の“家賃交渉”についてお話しましょう。



結論から言うと、今借りている住宅の賃貸条件しだいでは、
かなり可能性の高い場合と難しい場合があります



言葉で書くと大変なので、フローチャートを作ってみました。
まずはこのフローチャートでご自身の状況をチェックして
ください。

yachinkousyou_fro


このフローチャートは私が聞いた、あるいは経験した話しを
まとめてみたものなので、絶対ではありませんが、チャートの
先に進めば進むほど、家賃交渉の可能性が高くなるイメージ
です。


次に、

実際に家賃交渉をする場合にはどうすればいいのか

についてです。


交渉は文書で依頼すべきか

これは家主さんとの“距離”で違ってきます。


家主さんがいい方で、親しくしている場合にいきなり文書では
せっかくのいい関係がギクシャクしてしまうかもしれません



家主さんが同じ建物に住んでいる、あるいは近くに住んでいて
挨拶ぐらいは交わすというのであれば、“距離が近い方”です。

家主さんとの“距離”が近い場合は、まず口頭でお願いします。


逆に、家主さんが遠くに住んでいて、全く面識がないといった
ように、家主さんとの“距離”が遠い場合は、文書で出す方がいい
でしょう。


また、この文書の出す先ですが、
これは間に入っている不動産会社(管理会社)の状況で判断します。


このときの不動産会社は、あくまでもその物件の管理をしている
会社です。
(入居中に連絡する先となっている不動産会社です。)

入居の際や入居中の色々な場面(入居時の交渉、入居中の修繕等)で
きちんと対応してくれる不動産であれば、その不動産会社に
文書を出し
ましょう。
(できれば、その旨を1本電話で話しておきたいところです。)


そうでない場合(不動産会社がきちんとしてくれない場合)は、
直接、家主さんへ文書を出します



家主さんの住所は賃貸契約書に記載されているはずです。



交渉金額はどのくらい?

基本的には、周辺相場から見て逸脱していない範囲にすべきです。

行き過ぎた交渉金額は返って逆効果です。


最後に、こうした家賃交渉をしてしまうと気になるのが
家主(オーナー)さんの気持ち」です。

・変なことを言ったら、退去させられるのではないか
・更新してもらえなくなるのではないか
・何かあったとき、何もしてもらえなくなるのではないか


など色々気になってしまう方もいるでしょう。


しかし、普通賃貸借契約は元々借主が強い契約内容なので、
家主さんから一方的に「出ていけ」「更新しない」などという
ことが言えない契約になっています。

また、最近は賃貸住宅も飽和状態にあり、空き家が目立つ物件も
少なくありません。

よほど人気の物件でない限り、家主(オーナー)としては、
入居者に出て行ってほしくないというのが本音
です。


もちろん、滞納している、周囲に迷惑をかけているような問題の
入居者には出て行ってほしいですが、そうでなければ、
少し家賃を下げてでも続けて入居していてほしいものです。

そう思わない家主(オーナー)さんもいますが。


交渉成立の秘訣

秘訣は、この家主(オーナー)さんの気持ちも汲んで、

あと〇年は住みたいと思っていますので、

とできるだけ長く住むつもりであることが伝えられれば、
交渉はより成功しやすくなります。

是非、ご参考に。


r_e_father at 14:52人気ブログランキングへコメント(0)トラックバック(0) 〇入居中に困ったら |  ▼お金の話

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
“訳あり”物件ってどんなもの?「更新料」は払わないといけないのか