インターネット環境の確認を忘れずにテラスハウスってどうなの?

2012年11月20日

冬の部屋の乾燥を防ぐには

最近は本格的に寒くなり、1か月前までの薄着がウソのようですね。

秋はあっいうまに過ぎて、すぐに冬将軍の到来です。

さて、冬になると気になるのが、部屋の「乾燥」です。

部屋が乾燥していると、風邪やインフルエンザに感染しやすくなりますから
やはり乾燥対策は重要
です。


こうした話題はもっと得意とするブログがあると思いますが、参考程度に
このブログでも“部屋の乾燥対策”を書いておきます。


部屋の乾燥対策として、短絡的に機器に頼るなら、「加湿器」です。

ただ、加湿器はあると便利なのですが、水をタンクに入れる手間があり、
面倒な人だといつの間にか使わなくなってしまう人もいます。

この手間よりも、住宅事情から考えると、使わない期間の方が長いので、
その収納スペースの方が問題
と言えるかもしれません。
(特にワンルームなど収納スペースが限られると、やっかいです。)

今は、リースで一時的に借りてくるという方法もありますが、なんだか
それも馬鹿らしい気がする人もいるでしょう。


そこで、“加湿器を使わない生活の知恵みたいな乾燥対策をいくつかご紹介します。

すでに知っている方も多いかと思いますが、初めて一人暮らしする方向けに
という感じでのご紹介です。


〇ちょっと寒いけど、30分ぐらい窓を開けて空気を入れ替える

この方法が最も原始的ながら効果的です。

梅雨時のカビ対策でも、この方法が一番効果的でしたが、冬の乾燥対策でも
同じように効果があります。

ある意味自然のチカラは偉大だということかもしれません。

ちなみに、寝る前の30分ぐらいが最もいいと言われています。
(寝ているときが一番風邪などの菌に無防備だからです。)


〇お風呂を使ったら、そのまま風呂場の扉を開けておく

これは意外といい方法で、私も実践しています。

実はこの方法は、“風呂場のカビ防止”とともに“部屋の乾燥を防げる
という一石二鳥の優れものです。

乾燥が激しい部屋であれば、風呂桶(バスタブ)のフタも開けておく
(フタの開け方で調整もできます)のも効果的です。


〇洗濯物を部屋に干して置く

以前なら、この方法には欠点がありました。
部屋干しだと乾いた後に洗濯物が“臭う”という欠点です。

しかし、最近は「部屋干し専用洗剤」が発売され、100%満足とまでは
いかないまでもほとんど気にならない程度まで改善されました。

そのおかげで、洗濯物を部屋に干すことで、洗濯物が乾きながら、
部屋の湿度を保ってくれるという、これも一石二鳥の効果が得られます。

この応用(?)として、軽く絞ったタオルを椅子やハンガーにかけて置く
という方法もあります。


〇換気扇を1か所回しっぱなしにしておく

この方法の難点は、換気扇の音が気になるというところです。

寝ているところからできるだけ離れた換気扇をつけておくというのが
一番いいかもしれません。

ただ、換気扇はほとんどの住宅のトイレや風呂場、キッチンににあるので、
どこかを利用できます。

この換気扇を利用する場合は、「吸気」も重要なので、必ずどこか
吸気口を確保してください

(エアコンが標準装備の住宅なら、吸気口があるはずです。)


まだ、他にもたくさん方法はあると思いますが、思い浮かぶところまで
ご紹介ということで。



最後に、重要な注意を一つ。


乾燥を防ぐための方法は、逆に言うと「水分を室内に拡散させる」ことです。

過度に水分を部屋に拡散させると、今後は「結露」という問題が発生します

結露はひどくなると、カビの発生を招き部屋を傷めることにも繋がります

いずれ「結露」対策について書こうと思っていますが、「乾燥対策」も
行き過ぎるとダメだということなので、やはりほどほどがポイントのようです。












r_e_father at 20:28人気ブログランキングへコメント(0)トラックバック(0) 〇賃貸住宅の“住まい方”編 |  ▼冬の住まい方

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
インターネット環境の確認を忘れずにテラスハウスってどうなの?