公営(公的)住宅の違いをもう少し細かく説明します給湯器のお湯が出ない!!冬場は凍結かも。

2013年09月25日

タバコのヤニを落とす掃除方法

先日、何気なくネットを見ていたら、役に立ちそうな記事が出ていたので、ご紹介です。


タイトル通り「タバコのヤニを落とす掃除方法」です。


このブログでも紹介していますが、賃貸住宅の退去の際、問題となるのが“タバコのヤニ汚れ”です

その汚れがひどければ、クロス(壁紙)の全面張り替えの対象となります。
退去の際、クロスの全面張り替えとなれば、部屋の広さや箇所にもよりますが、数万円は確実にかかります


入居中から退去のことを考えておくというのは難しいかもしれませんが、ヤニまみれの部屋が健康に良いとも思えませんので、是非、ヤニ汚れはきれいにしてほしいと思います。

さて、その方法ですが、「重曹」を使ってきれいにする方法です。

<必要な道具>

・重曹 1カップ
・水   2カップ
・スポンジ
・雑巾 2枚
・ボウルなどの入れ物

<掃除の手順>

1)重曹水を作る

 ボウルに重曹1カップと水2カップを入れ、濃いめの水溶液を作る。

2)重曹水にスポンジを浸す

 作った水溶液を、たっぷりスポンジに含ませる。

3)スポンジで壁など磨きたい場所を磨く

 壁などの上の方から、軽く円を描くようにしながら磨く。
 あまり力を入れる必要はありません。
 数回円を描くように、汚れを浮かせる感じで軽く磨く。

4)水拭きする

 ひと通り壁を上から下まで磨いたら、水拭で、綺麗に重曹を拭き取る。
 ここで重曹を残すとムラになることもある。

5)乾燥した布で拭く

 乾いた雑巾などで、仕上げ拭きする。
 重曹は早く乾くので、すぐに乾きます。

<注意点>

 重曹は、木や畳には変色するので使わないでください。
 壁などを磨く際も、床が木製のフローリングや、畳の場合は、新聞紙などを敷いて、液ダレを防ぐようにしてください。



特殊な化学薬品ではなく、昔から掃除では重宝されてきた「重曹」を使った方法なので、自然にも、自分にも優しい掃除方法です。


長期間放っておくと掃除では落ちなくなりますが、年に1,2回程度で掃除すれば落ちるのではないかと思います。

日々の暮らしの中でちょっと気を付けることが、後々お金になって返ってくるようなものなので、できればこうしたことまで配慮したいですね。

r_e_father at 14:02人気ブログランキングへコメント(0)トラックバック(0) 〇賃貸住宅の“住まい方”編 |  ▼掃除・片付け

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
公営(公的)住宅の違いをもう少し細かく説明します給湯器のお湯が出ない!!冬場は凍結かも。