タバコのヤニを落とす掃除方法防犯設備をきちんと使っていますか?

2014年02月07日

給湯器のお湯が出ない!!冬場は凍結かも。

2月に入り、ここ数日は非常に寒い日が続いていますね。

この時期に非常に多いクレーム(?)相談(?)があります。


それは「給湯器」の不具合です。

その症状は・・・

/紊禄个襪里砲湯が出ない
∈鯑は出たのに今日は出ない
お湯が出る日と出ない日がある


といったものです。

特に気温の低い(寒い)日の当日(特に夜間)、または翌日の午前中
に発生しやすい
ようです。


先にこれらの原因から言うと、「配管の凍結」が原因で起こるものです。


北海道や東北・北陸地方のように冬季には氷点下の気温が当たり前
の地域では、そうした寒さを前提にして「給湯器」を設置しているため、
よほどひどい寒さ(記録的な氷点下)であれば別ですが、通常程度の
氷点下であれば凍結しないようになっています。

(凍結防止装置や給湯器本体を屋外に設置しないなどの対策が
講じられています。)


しかし、首都圏のような氷点下になることが年に数回あるかないかのところでは
上記の地域のような対策はされておらず、「給湯器」は屋外に露出した状態で
設置されているケースが多く見られます。
(特に、賃貸住宅では外ですね。)


一応は“配管”の部分に断熱材を巻くなど凍結防止策がされていますが、
氷点下になると太刀打ちできず、冒頭のような不具合が発生します。
(水道管に比べれば、凍結防止対策が施されていると言えますが・・・)


昨日も私の知人の不動産会社では、同じ物件の違う部屋の入居者から
ほとんど同じ症状の「給湯器」の不具合に関する電話が入ったそうです。

いずれも冒頭の症状でした。


こうした「給湯器」の不具合が発生すると、一番最初に疑うのは、
「給湯器そのものの寿命なのではなか」ということですが、ちょっとした
違いで「寿命」と「凍結による不具合」の見分け方がある
ようです。


その見分け方は・・・

「凍結」だと・・・

ア.氷点下近い気温の日の夜、または翌日の午前中に起こる
イ.水は出るのに、お湯はぬるいものも出てこない


という点のようです。
(ガス会社の方によると、です。)


ちなみに、「寿命」だと・・・

・天候や時間に関係なく、お湯が出てこない
・ぬるいお湯と熱いお湯が交互に出てくることがある
・お湯の温度が熱くならない


という症状になります。


この時期は、「凍結」によるものか、「寿命」によるものか
非常に判断に迷うのですが、上記の症状を参考にしてもらえばと思います。

それでもやはり古い給湯器の方が、こうした「凍結」などの不具合が
起こりやすいということはあるようです。



また、「凍結」による不具合の対処方法ですが、ガス会社の方曰く・・・

「無理に(外部からお湯などで)温めると故障の原因になるので、放っておくのが
一番無難な対処法です。」
「自然現象なので、対処方法は難しい」


とのことでしたが、何ともコメントしにくい回答でした。


私もガスの専門家ではないので、ここまでしか言及できませんが、
参考になればいいかな、ということで、記事をUPしておきます。



r_e_father at 18:30人気ブログランキングへコメント(0)トラックバック(0) 〇賃貸住宅の“住まい方”編 |  ▼冬の住まい方

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
タバコのヤニを落とす掃除方法防犯設備をきちんと使っていますか?