▼不動産会社のテクニック

2011年04月10日

不動産屋が決める物件紹介の優先順位

不動産屋さんへ行ったときのお話です。

自分の希望条件を伝えたあと、物件を紹介されますね。
ときにパソコンの画面を覗いて、ときに後ろのファイルを見ながら・・・

そうして物件を紹介されるのですが、このとき

「この物件がおすすめですよ」

といって紹介されることが多いのではないでしょうか。


このとき、本当に自分の条件にピタッとあった物件が
最初から紹介されることは稀です。

一つには、希望通りの物件はそうそう市場に出ているとは
限らないことがほとんどだからです。

それでも不動産屋さんでは、おすすめしてくる物件があります。


先に結論から言うと、
不動産屋さんが優先的にすすめてくる物件には順番があります


では、その優先順位はどのように決まってくるのでしょうか?
続きを読む

r_e_father at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月07日

車で案内は楽だけど…

さて、実際に不動産屋へ足を運んで、物件を見に行くことに
なったとしましょう。

このとき、物件(エントランス)まで車で案内されることが
ありますね。

今は車で現地まで案内することは普通のことなので、
何の疑いもなく案内されている方も多いはず。


もちろん、訪れた不動産会社から物件まで遠いことがありますから
その場合は車で物件まで案内してもらうことはいいかもしれません。

しかし、ここで気を付けることがあります


車で案内してもらった場合でも、

気になった物件があったら、必ず駅から物件まで歩いて確認する

ことです。

そして、車で数件物件を案内されて、不動産屋に戻ってきても

すぐに申し込みをすることは避けたいものです。

というのは、

車で案内することで見えなくなってしまっていること

があるからです。

例えば、
続きを読む

r_e_father at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月05日

ブス・ブス・美人の法則

今日も不動産会社のテクニックのお話をしましょう。

タイトルの法則は、“物件案内”するときに使うテクニックです。

ケースによっては、「美人・ブス・ブス」という変形もありますが、
通常は先に「ブス」を見せて、最後に「美人」を見せるパターンが
多いようです。

「ブス」
=家賃や部屋の広さなど希望条件のポイントになる一部は
満たしているが、外観が古い、駅から遠い、設備が極端に古いなど
「ちょっとここはどうかな」と思う物件。

「美人」
=家賃は少し希望条件よりも高いけれど、その分、立地や
建物、設備等の条件が良い物件。

例えが難しいですが、

「洋服を選ぶときに、袖を通してしまうと買いたくなってしまう」

のと似ています。

元々欲しいと思っていますから、多少予算をオーバーしても
いいものの方がいいと思ってしまうのです。


特に、「この物件ではちょっと嫌だなぁ」という物件を1,2件
見た後に、「これはいいなぁ」という物件を見せられれば、
「多少、家賃は高くても仕方ないか」と思ってしまうようです。

さらに、営業マンお得意のセールストークが加わると、どうしても
「美人」を選んでしまいがち
です。
続きを読む

r_e_father at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月04日

セールストークに惑わされないために

不動産会社のテクニックの中で最も気を付けたいのが、
営業マンのセールストークです。

普通に落ち着いて考えれば、どうってことはないトークなのですが、
時間的に余裕がなかったりよく分からないことが多い場合
あっさりとそのトークに乗ってしまうものです。

こうしたトークのテクニックに惑わされないために、
あらかじめトークのテクニックを知っておきましょう。

次から、いくつか代表的なセールストークを紹介します。


<セールストーク1>

「この物件は条件がいいので、今日お申込みしないと
明日には決まってしまいますよ」



本当に“明日”決まってしまうことは稀です。

確かに、繁忙期(1月後半〜3月中旬)であれば、本当に良い条件の
物件は数日のうちに決まってしまうことがありますが、繁忙期でなければ
そうそうすぐには決まりません。

解決策としては、「いつからこの物件が公開されているのか」を
確認すること。

長期間公開されていればいるほど、すぐには決まりません続きを読む

r_e_father at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)