▼物件を見るときの注意点

2011年04月19日

部屋を決める前に必ずチェック! 〜物件の確認

賃貸物件を探しているとき、物件を案内されますね。
そのとき、皆さんは部屋のどこを見ていますか?

候補に残る物件や「いいかも!」と思った物件は
きちんと見ておきたいものです。


入居した後、問題があると困ってしまいますから。

そこで、物件を案内されたとき、

「どこをどう見ておく必要があるか」

についてお話ししましょう。


<チェック1>
・部屋の中に入ったとき匂いがする

部屋に入ったとき、嫌な匂いがするようなら、その部屋は

「しばらく入居者がいなかった」か、
「空き部屋のときの管理がきちんとしていない」か

です。

この「匂い」がするときは、少し注意深く見るようにします


<チェック2>
・部屋と供用部(廊下や玄関前等)の清掃状況を見る

部屋の中はもちろん、共用部分の廊下や階段、建物周りの
掃除の状態を見ましょう


部屋の中は、特に水回りと収納の中を見ると清掃の状態が
一目で分かります


あまりに汚い場合は

「入居前にはきれいにしてくれるのか」

と確認しましょう。
できれば、室内写真を撮ります。)


<チェック3>
・照明器具の確認をする続きを読む

r_e_father at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月15日

周辺環境の“昼の顔”と“夜の顔”

物件を案内してもらったとき、どこを見たらいいのでしょう。

いろいろと見なければいけないところがたくさんあるのですが、

今回は、「周辺環境」についてお話します。

物件を案内されたとき、物件そのものの建物の外観や
室内はきちんと見る方も意外と盲点なのが、「周辺環境」です。


駅に近い、便利な物件は騒音や治安面で注意が必要ですし、
閑静な住宅街の物件でも防犯面などは確認が必要です。

そこで、実践をお勧めするのが、

「昼間と夜間の最低2回は駅から物件までと物件周辺を見てみる」

ということです。
続きを読む

r_e_father at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)