▼地震対策

2011年04月22日

<特集>神奈川県の地震に弱いと思われる地域

今回は神奈川県の「地震に弱い」と思われるところを調べるための
情報をまとめてみました。

インターネット上に「神奈川県」が発表している情報ですが、
探すと意外に時間がかかるので、まとめてみた次第です。
(地図にたどり着くのが大変なものはその説明も入れました。)


今回の「東日本大震災」では、様々な被害が報告されましたが、
神奈川県でも災害毎に予想をしていますので、次の災害別にご紹介
します。

・震度
・液状化
・津波
・活断層
・土砂災害
・被害想定調査



<震度>

想定される地震(例:東海地震)別に想定されています。

詳細なマップが見ることができ、「e-かなマップ」で閲覧できます。

マップはこちら
↓↓↓
「e-かなマップ」

 ※上記のリンクは「防災マップ」の「ご利用の注意」にリンクします。
  ここから次の手順で「震度マップ」へ移動できます。

 <地図の表示まで>
  屬翰用上の注意」に「同意」
 ◆屮泪奪彑畋悄廚ら「対象の地震」を選んで「変更」をクリック
 再度「ご利用上の注意」に「同意」
 ぁ崔録涵紂廚鬟リック、または「住所検索」からみたい地域を入力し
  「検索」をクリック「地図表示」

 これで、「予想震度分布」が見ることができます。

例えば、「東海地震」では本厚木駅周辺で「震度6弱」と予想される
といったことが分ります。



<液状化>

今回の地震でも神奈川県横浜市中区の一部で実際に「液状化現象」が
発生しました
が、神奈川県では「液状化」についても想定される地震毎に
発生予想地域を想定しています。

詳細なマップは「震度」と同じ「e-かなマップ」で閲覧できます。

マップはこちら
↓↓↓
「e-かなマップ」

 <地図の表示まで>
 まずは、「予想震度分布」まで地図を進めるところまで同じです。
 ここから次の手順で、「液状化」予想マップへ

 ズ限Α嵒充╂畋悄廚ら「液状化想定図」をクリック
   しばらくすると地図に色分けで表示される

 ※右上に「凡例」があるのでそこを表示しながら見ると分かりやすいです。

例えば、「南関東地震」では、川崎市のJR南武線「平間」駅や
東急東横線「元住吉」駅周辺で「液状化」が予想されるなどの比較的
細かい情報を見ることができます。
続きを読む

r_e_father at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月15日

地震に強い地域と弱い地域

今回も地震についての話題をしましょう。


住宅を購入するにしても、借りるにしても地震は怖いものです。


前回は「構造」と「築年」によって耐震性の違いがあり、
住宅を選ぶ際は、特に「築年」について、少し意識して探してほしい
というお話をしました。


今回は、もう少し大局的な土地(エリア)の話をします。


耐震性能が高い住宅の方が、より安全なのは間違いありませんが、
そもそも危険度の高いエリアとそうでないエリアがあることも
知っておいて損はないだろうと思います。

そもそも建物が建っている土地がめちゃくちゃになってしまったら
元も子もないからです。


そこで、いわゆる「地盤」と言われるものの話です。


これも阪神大震災があった当時、よく聞かれたものです。


今回の震災では、津波の被害があまりにも甚大であまりマスコミで
話題になっていませんが、「地盤」が強いかどうかは住宅を選ぶ
ときには重要です。


特に、賃貸住宅を探していて、ここでないとだめという選び方を
している人は少ない気もしますので、住むことになる地域の選択肢
として「地盤」を意識してもいいかもしれません。続きを読む

r_e_father at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月14日

地震対策を考える

先週金曜日に東北関東大震災が起きました。

私がブログの第1回目の記事をアップした日だったで、
こういうこともあるものだと驚いています。

被害に合われた方へのお見舞いと、亡くなられた方の
ご冥福をお祈り申し上げます。


さて、今回は本来と予定を変えて、地震の話題でお話します。

過去に起きた大規模な震災の後、しばらくして
必ず話題に出てくるのが、住宅の耐震性能やその信頼度
の話です。

阪神大震災のときもその後、免震工法の建物や耐震強度に
ついての話題が取り上げられたことを記憶しています。


賃貸住宅を選ぶ、あるいはすでに住んでいるという場合、
地震に対して住宅がどれだけ安全かということについて
どう考えればよいのでしょうか?続きを読む

r_e_father at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)