▼建物

2011年11月19日

DKとLDKの違い

物件の間取りを見ていると、「2DK」「2LDK」などの表記があります。
この「DK」と「LDK」の違いがどこにあるかわかっている方は
意外に少ないのではないでしょうか。

ちなみに「L」はリビング(居間)、「D」はダイニング(食堂)、
「K」はキッチン(台所)の略です。
ということで、「DK」はダイニングとキッチン(食堂兼台所)、
「LDK」はリビングダイニングとキッチン(居間兼食堂と台所)
ということになります。

例えば、2DKと2LDKの違いを言葉で表すと、
「キッチンやトイレ、風呂などの水回りがあって、部屋が2つ、
もう1つある部分がDか、LDかの違い」です。

さて、先に結論からお話しすると、
このDKとLDKの違いは明確には規定がありません

ただ漠然と「広いとLDK、狭いとDK」という感じで、
その広さは何岼幣紊世LDKという決まりはないのです

とは言え、何となく業界的に8畳以上だとLDKと表記しているという感じです。

確かに、「6畳でLDKはないよな」「8畳のLDKだと狭いけど許せるか」
というイメージはわかると思います。

したがって、普通にイメージするLDKだと思って実際の部屋を見てみたら、
「狭いなぁ」と思うことも良くあることなのです。
逆に、DKの表示があって、7.5畳だったら広く感じてしまうこともあります。

これから部屋を探す方は、「DK」「LDK」という表記だけではなく、
その広さを必ず確認し、できれば実際の部屋を見て決めてほしい
ものです。

中には、「DK」表示ながら、9畳あることもあるからです。

表記よりもその中身が重要です。



追記。

奇しくもこのブログを書いた(2011年11月19日投稿)すぐ後(2011年11月28日付)に
「公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会」から「DK(ダイニング・キッチン)及び
LDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準」という
基準が発表され、一定の基準が設けられたようです。

タイミングの妙に驚きましたが、今後は各不動産会社もこの基準に従っていくことに
なると思いますが、こうした基準ができたこと自体が、現場の末端まで認知されるまで
まだまだ時間がかかるので、こうした基準ができてもしばらくはきちんと間取りを
確認しておきたいところです。

上記の基準はこちら
↓↓↓
DK(ダイニング・キッチン)及びLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準

一応、基準として示されたものを書いておきます。

<居室が1つの場合>
1DK  ⇒ 4.5畳以上8畳未満は「DK」表示
1LDK ⇒ 8畳以上で「LDK」表示


<居室が2つ以上の場合>
2DK  ⇒ 6畳以上10畳未満は「DK」表示
2LDK ⇒ 10畳以上は「LDK」表示
※3DK、3LDK〜も同様

※1畳=1.62岼幣紂丙把1.62屬塙佑┐討ださい。)



基準には示されていませんが、居室が1つの場合で、「DK」にあたる部分が4.5畳未満は「K」(つまり“1K”)表示になるということだと思います。
同様に居室が2つ以上の場合も、「DK」にあたる部分が6畳未満だと「K」(つまり“2K”)表示になると思います。

基準とは言え、あくまで“目安”なので、今後も物件情報ではあいまいなものもありますから、やはり自分の目で実際の部屋を見てください。



r_e_father at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月20日

ロフトって何?

賃貸住宅を探していると、賃貸物件の間取りのところに「ロフト」と
書いてある物件がありますが、そもそも「ロフト」って何でしょう

地域によっては、「ロフト」のある物件がなく、首都圏に家を探して
いるときに初めて「ロフト」の存在を知った人もいるでしょう。

言葉では、「ロフト」を知っていても、実はどういうものなのか
分かっている方は少ないかもしれません。

「ロフトってはしごで登る部屋では?」
と思っている方もあるのでは。

もともとは物をしまう“屋根裏”、納屋などの“2階”の意味です。


比較的狭い賃貸住宅で空間をうまく利用するために生まれたものです

建物を建築するうえでは、都市計画法や建築基準法などの法令で
その土地に建てることのできる「建物」の面積や高さが決まっています

法令によって、どんなに3階建てにしたくても3階建てにできないが、
2階建てではもったいないということがあります。

そこで、「ロフト」が登場します。


「ロフト」は、その要件を満たしていれば、建築面積に参入しなくて
良いことになっています

(例えば、高さ1,400舒焚次▲錺鵐襦璽爐任△譴个修亮柴睫明僂
1/2以下の面積など)

こうすると、建築基準法上の建物面積には表れない「ロフト」が完成し、
空間として利用できる“場所”が確保されます


さて、このように正式には「ロフト」は部屋の面積に算入しないこと
になっています。

しかし、インターネットなどの賃貸住宅の情報を見ていると、
ときに「ロフトを含んだ面積」で表示されていることがあります


例えば、部屋の面積が20屬離錺鵐襦璽爐北5屐別3畳分)の
ロフトが付いていたとします。
正式には、部屋の面積20屬筏載され、ロフトの面積は加算されません。
ところが、インターネットで物件を探していると、部屋を広く見せたい
ために、ロフトの分を含んで25屬班週されている物件があるという
ことです。
これは厳密にはおかしい話で、20屬班充┐気譴討い覆韻譴个覆蠅泙擦鵝


賃貸募集の情報を見ていて、住所や間取り、築年などから見て同じ部屋なのに、
面積が違う場合は、この「ロフトを含んだ面積」である場合があります。


確かに使い勝手として、ロフトを面積に入れて表示したいのは
わかるのですが、明らかに「騙しのテクニック」です。

正直に表示している物件がほとんどの中で、そうした表示で募集している
という時点で、そうした表示をしている不動産会社さんの情報はちょっと
問題があります


物件は良かったとしても、その不動産会社と取引するのはお勧めできません


これはちょっとした差の話ですが、ここに扱っている不動産会社の性格が
表れています。

「ロフト」のこととして捉えると、小さなことですが、こうしたことも
知っているのと知らないのとでは、後々自分が困るかどうかに繋がります。


是非、細かいことですが、「ロフトは建物面積に参入されない」という
ことを覚えておいてください。


r_e_father at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)