▼引越し

2011年11月16日

かしこい引越業者の選び方 〜早めの予約で楽でお安く

これまで引っ越しを経験したことのある方はわかると思いますが、
引っ越しといっても、引っ越し業者によっても料金はバラバラ、
同じ引っ越し業者でも、時期、平日と休日などの違いで金額はバラバラ
です。

もちろん、サービスによっても料金はかなり変わってきます。

有名なクロネコヤマトの“らくらくパック”などは自分の手間が楽な分
料金は高めですね。

私も2年間に3回も引っ越しをした経験がありますが、
前回利用した引っ越し業者さんでお願いしようと思っても
私の引越希望日では前回と比べてかなり料金が高くて別の業者さん
にしたことがあります。


面倒でも5社ぐらいは相見積もりを取る

相見積もりとは、同業他社から同じ条件で見積もりを取りることです
そして、見積もりを比較して最も条件のよいところを決めます。

引っ越しの際の見積もりは、引っ越し業者の営業マンが実際に家に来て、
荷物の量や種類を確認しに来ます。
基本的には、その場で見積もりを出していきます。

このとき、「今決めてくれたら、この金額だけれど、後になるとわからない
とほぼ必ず言ってきます。

私の場合は、短期間のうちに何回も引っ越しをしたので、コツがわかり
同じ日にすべての引っ越し業者の営業さんを呼んで、最後の営業マンが
帰ったら回答するようにしました


受け答えとしては、正直に「今日何社か見積もりをお願いしているので、
今日の夜まで待ってほしい、必ず今日回答するから。」と言っていました。

それでも、「今でないとダメ」という営業マンもいましたが、
その場合は、料金が安くても断っていました


対応が悪いからです。

営業マンは会社の代表ですから、その営業マンの対応が悪いということは
実際の引っ越しでの対応も似たようなものでしょう

あとで困るより、営業マンの対応が悪ければ、そこはやめるようにしていました。

また、見積もりは金額ばかりではなく、内容も見て総合判断で決める方が
いいようです。
例えば、引っ越し代は最安値だけれど、エアコンの取り付け費用が高い、
荷物の総量が決まっていて、それを超えたら割高な追加料金がかかるなど
という他の点にもチェックが必要だからです。

こうして見積もりを何社も取る方がいいのですが、10社というのは
自分も面倒で対応できません。逆に、2,3社だと少ないため、1社対応が
悪いと残りで決めなくてはならなくなります。

そこで、私の経験から5社ぐらいが妥当だと思っています。

さて、次に肝心の引っ越し費用の決まり方ですが、
(右側が高い)

閑散期 < 繁忙期
距離が近い < 距離が遠い
荷物が少ない < 荷物が多い
作業員の数が少ない < 多い
自分で荷造りをする < しない


ここまでは、当たり前です。
次のポイントが同じ時期の中でも引っ越し費用を安くするコツになります。

小さい引っ越し業者 < 大手引っ越し業者
予定日(希望日)まで時間がある < 時間がない
引っ越し日の希望日にいくつか候補日がある < 候補日がない
平日 < 土日祝日
早朝または夜間 < 昼間
細かく指定する < おまかせ


これらの安くなる条件をうまく活用するには、自分の予定にも
余裕を持っておかなければなりません
ので、早めに引っ越しも
手配する
というのがポイントになるのです。

引っ越し業者さんを決めるのが遅くなると、どうしても予定などが
組みにくくなって引っ越し費用が高くなってしまいます。

引っ越し費用もばかになりませんから、是非、節約したいところです。

そのためにも新居の入居日が決まったらすぐに引っ越しの準備、
特に引っ越し業者さんの手配をする
ようにしましょう。




r_e_father at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)